読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバースモーゲージについて調べてみた

老後の生活費に?自宅を担保にお金を借りる?返済方法が一般的な借金とは違うリバースモーゲージについて調査してみました。

リバースモーゲージの利息について

リバースモーゲージと利息と言われてもあまりピンと来ない人がいるかもしれませんが、これは実はかなり重要なことで、しっかりと意識しておかないといけません。理解するためにはまず第一に、リバースモーゲージとは借金であるということを知る必要があります。


リバースモーゲージとは自宅を担保に入れて、その担保価値に見合ったお金を借りることができるという仕組みです。一括で借りるようなこともありますし、月々一定の金額を借りて生活費の補填とするというケースもあるでしょうが、いずれにしても最も基本となる物の考え方は、手にしたそのお金は借金だということです。

借金である以上、カードローンやキャッシングなどと同じく、利息がついて回るのはどこのどんな世界でも同じです。何に対して利息が付くかというと、それは借金の総額、残高に対してかかるのです。

ここで普通のカードローンやキャッシングを考えてみましょう。例えば100万円を借りて、毎月10万円を返済するとします。そうすると、初めは残高の100万円に対して利息がかかりますが、返済が進むにつれて当然残高は減ってゆきますから、その分だけ利息も少なくなっていきます。普通のカードローンはキャッシングでは最初はなかなかつらく、元本がなかなか減らないけれども、そのうちに楽になってくるわけです。

ところがリバースモーゲージの場合は全く別の現象が起こります。毎月一定の金額を手にするわけですがこれが全て借金であることは先に説明したとおりです。では返済はいつどのようにするのでしょうか。実は返済は最後の最後まで行われないのです。契約した人が亡くなるとか、10年とか20年といった年月が経過して契約満了になったときに、自宅を売ってそのお金で初めて一括返済するのです。

つまり、毎月毎月、借金の残高は増えてゆくことになります。その分、利息負担も年月が経つにつれて重くなっていくということです。これがリバースモーゲージの利息の特徴です。