読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバースモーゲージについて調べてみた

老後の生活費に?自宅を担保にお金を借りる?返済方法が一般的な借金とは違うリバースモーゲージについて調査してみました。

銀行が扱うリバースモーゲージ

リバースモーゲージは一般的には銀行で取り扱われています。
ただし、リバースモーゲージの取り扱い窓口としては役所など自治体が行っている場合もあり、銀行よりは自治体のほうが安心感もあるかもしれませんが、たとえ自治体が窓口、受付をしている場合であっても、実際の業務は銀行に委託されているということも多いです。

リバースモーゲージは本質的には金融つまりお金を用立てることであり、まさに銀行が得意とする業務です。
お金を用立てる場合、無担保での融資もあります。
カードローンと呼ばれるようなものがそうです。
このような融資は担保を必要としません。
しかしもちろん何の確認もなしにお金を貸してくれるようなところはどこにもなく、カードローンのような無担保融資の場合は、その人が働いていて安定した収入があり、そこから返済できるかどうかということが審査されています。
いわば本人の将来の勤労収入が担保となっているわけです。

一方でリバースモーゲージは担保を取ります。
それは不動産です。
土地やその上に建つ建物が担保となるわけです。
こういった不動産は、担保価値を評価しなければなりません。
一体どれくらいの価値を持つものなのかといったことです。
これはまさに銀行が得意とする業務ではありますが、ただし少なくとも個人が所有する住宅のような不動産の場合、そこまで専門的な知識や技能がなければ評価できないようなものでもありません。

その気になれば自分でもある程度は評価可能です。
というのも、その場所の土地の値段というのはある程度公表されていますし、付近の土地の売値を自分で確かめるようなことも可能です。
いずれにせよ、このようにして評価された金額が担保価値となり、それに応じて銀行はお金を用立ててくれるわけです。

リバースモーゲージはこのように融資ですから、いずれは返済しなければなりませんが、それはお金を借りた人が亡くなった後に行われるのが普通です。
亡くなった後に不動産を売却して返済するわけです。