読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバースモーゲージについて調べてみた

老後の生活費に?自宅を担保にお金を借りる?返済方法が一般的な借金とは違うリバースモーゲージについて調査してみました。

リバースモーゲージのリスクについて

リバースモーゲージは持ち家を担保にして資金を借りることで、基本的には高齢者で勤労による収入のない人が、年金を補う意味で活用することのできる方法です。
自分の持ち家を担保にして月々の生活資金を借り、亡くなった後にはその持ち家を売却して借金を返済することになります。
子孫のことを考えにいれなければ、人間、亡くなった後まで不動産は不要ですから、かなり合理的な方法ということができるのですが、もちろんリスクもあり、十分にリスクを考えた上で利用する必要があるでしょう。

リバースモーゲージのリスクの一つは、不動産の価値評価にあります。
これはリスクと呼ぶのは少しおかしいかもしれませんが、自分の思っているほどの担保価値がないかもしれないという意味では気を付けておくべきことの一つではあります。
一般的に、リバースモーゲージで評価されるのはほぼ土地の価値のみであって、建物の価値はほぼ計算されないと思っておきましょう。
これは、もともと日本では建物は経年劣化が大きく、あまり価値がないと思われているのに加えて、現時点で不動産を売却するわけではなくあくまで売却するのは亡くなった後であることも関係しています。
10年や20年、場合によってはもっと後になるかもしれないわけで、その際の建物価値などほとんどなくなっていると考えられるわけです。

次のリスクは、自分が思った以上に長生きをするかもしれないことです。
これもリスクと呼ぶには違和感を禁じえませんが、十分なお金を借りられなくなるかもしれないという点では困ったことに違いはありません。
公的年金とは異なって、終身の給付が保証されているわけでは決してありません。
貸してくれる上限は担保価値までなのです。

また、毎月お金を借りていくわけですから、その残高はもちろん積みあがっていきます。
そして、これには当然金利がかかってくるのです。
思った以上に金利が上がると、それだけ残高が担保価値に到達するのが早くなるリスクもあります。