読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバースモーゲージについて調べてみた

老後の生活費に?自宅を担保にお金を借りる?返済方法が一般的な借金とは違うリバースモーゲージについて調査してみました。

リバースモーゲージの限度額について

リバースモーゲージで借りられる限度額は、一戸建ての価格の5割までとなっていることが多いようです。

一戸建ての価格は、銀行が独自の基準で評価をして、金額を出します。

あらかじめ不動産査定に出しておいて、調べておくと予想がしやすいと思われます。

不動産一括査定サイトなどを活用して、複数の不動産会社に査定をしてもらって、その結果から一戸建ての価格の相場を把握します。

場合によっては、リバースモーゲージを利用するよりも家を売ってしまったほうが得をするかもしれません。

一戸建ての価格が4000万円と出たら、その5割の2000万円くらいがリバースモーゲージで借りられる限度額となります。

銀行によっては、6割~7割くらいまで借りられることもあります。

しかし、7割程度まで借りてしまうと、借金の元本よりも一戸建ての価値が下回ってしまうリスクが高まるので、5割くらいに抑えておくのが無難です。

契約者が死亡して、家を売っても借金が完済できない時には、子供に借金の負担を負わせることになる可能性もあります。

 

一戸建ての場合、建物の価値は大きく低下しますので、土地の価格がメインとなるでしょう。土地の価格はそれほど大きく落ちることはあまりありませんが、エリアによっては、将来大きく価値が落ちてしまう可能性もあります。

人口減少が進んでいるエリアなどでは、将来不動産の価値が大きく下がることが予想され、リバースモーゲージが利用できないこともあります。

銀行によっては、マンションでもリバースモーゲージが利用できることがあります。

マンションについては、土地の割合が少ないため、利用できるケースは限られてしまうでしょう。

将来にわたって価値があり続けるようなマンションならば、可能性はありますが、限度額は5割以下になってしまうと思われます。

 

リバースモーゲージでは、毎月の返済は利息だけになりますが、元本はいっさい減りません。限度額いっぱいまで借りてしまうことには慎重になっておきましょう。