読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバースモーゲージについて調べてみた

老後の生活費に?自宅を担保にお金を借りる?返済方法が一般的な借金とは違うリバースモーゲージについて調査してみました。

住宅ローンが残っている場合、リバースモーゲージは使えるの?

リバースモーゲージは、家を担保にして老後資金を受け取ることができるサービスです。まだ取り扱っている銀行はそれほど多くはありませんが、人によってはメリットの大きいサービスです。

 

リバースモーゲージは、住宅ローンが残っている人でも利用ができます。

むしろ、住宅ローンが残っていて、老後の生活に不安を覚えている人におすすめのサービスであると言えます。

一般的な銀行融資は、65歳以上の人は対象外となっていることが多いですが、リバースモーゲージでは65歳以上の人を対象にしています。

年齢が高くても融資を受けられるということが、リバースモーゲージのメリットの1つです。

例えば、住宅ローンの残高が1000万円であり、リバースモーゲージで1500万円を借りたとします。

すると、そのうち1000万円を使って住宅ローンを一括返済することができます。残った500万円は自由に使うことができます。

リバースモーゲージのメリットの1つに、月々の返済が利息だけでよいということがあげられます。

借りた金額が1500万円、金利が2.0%なら、月々の支払いは2万5千円ですみます。

元本は一向に減りませんが、死亡した後に家と土地を売って返済をしてしまうので、大きく不動産の価値が落ちない限りは、返済ができなくなる心配はありません。

契約者が死亡しても、配偶者が生きており、条件を満たしていれば、引き続きその家に住み続けることができます。

 

このように、メリットの大きいサービスですが、もちろんデメリットも存在します。

基本的に、不動産の価値の50%程度までしか融資を受けられません。

一戸建ての価値が3000万円なら、1500万円程度までしか融資を受けられないということです。

そのため、ある程度価値の高い一戸建てを保有している人でないと、利用ができません。

 

また、ほとんどの銀行では、一戸建てに対象を限っています。マンションを対象としているリバースモーゲージもありますが、ごく一部の銀行に限られてしまいます。