読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リバースモーゲージについて調べてみた

老後の生活費に?自宅を担保にお金を借りる?返済方法が一般的な借金とは違うリバースモーゲージについて調査してみました。

リバースモーゲージの条件について

リバースモーゲージの条件ですが、単に使えるかどうかというだけのことであればともかく、家族が円満に使えるかということまで含めるのであればいろいろな条件を考えておかないといけません。
単にリバースモーゲージが使えるかどうかというだけのことであれば、話は比較的簡単です。
自宅持ち家があり、自分の年齢が規定範囲内に入ってさえいればそれでよいでしょう。
ただしこの場合でも自分だけでなく同居する人、普通は配偶者でしょうが、配偶者は連帯保証人になりますから、その了解は必要です。
しかし、リバースモーゲージの場合、何しろ自宅を担保に入れることになるわけですから、自分の死後のことまで考えると、たとえ今は別居していたとしても子供を無視するわけにはなかなかいかないでしょう。
両親の死後には自宅は相続できると思っている子供からすると、自宅が担保に入れられていて売却せざるを得ないとなるとこれは大きな問題に直面することになります。
リバースモーゲージは年金でもなければ資産運用でもない、れっきとした借金であることを忘れてはいけません。
自分の持ち家である以上は、家族が納得する限りはその資産を自分たちのために使うことが悪いことであるはずはありませんが、例えばリバースモーゲージとは全く無関係に、ただ単に自分たちが場合によっては一千万円を越えるような借金を抱えていたとすれば周囲はどう思うかということです。
もちろんとくに収入源も年金以外にはない高齢者がそんな高額の借金を作るようなことは普通はできないわけですが、これがリバースモーゲージの場合はできてしまうのです。
ですから、あまり普通には起こらないようなことを自分たちはしようとしているということをまず念頭におく必要があります。
それだけの借金を抱えるようなことは、例えば30代や40代の人間であればどうなるでしょうか。
別にリバースモーゲージが悪いとは決して言いませんが、周囲の理解を得ることは最低条件でしょう。

リバースモーゲージ とは

リバースモーゲージとは、持ち家を担保に銀行などの金融機関から借り入れをすることで、借りた人が亡くなると家は金融機関が所有することになります。
モーゲージは担保、リバースとは逆という意味です。
一般的なローンと逆なのは、ローンは定期的に返済するため返済額が減りますが、リバースモーゲージは時間が経てば経つほど返済額が減るという点です。
高齢者は退職して安定した収入がなくなってしまうため、ローンの審査に通ることができません。
リバースモーゲージを利用すれば、持ち家さえあればお金を借りることができ、返済は自分が死亡してからで良いため生きているうちは債務を抱えているというストレスがありません。
リバースモーゲージで借りたお金で有料老人ホームに入るなど、老後の生活を充実させることができます。
生きているうちに返済できなかった住宅ローンは子供が相続することになりますが、リバースモーゲージでは持ち家を子供に相続しない代わりに子供に債務を負わせることもありません。
若い世代も自分たちが高齢者になった時に、年金がきちんともらえるのかや退職金で老後を送れるかなど不安に感じていることが多いため、老後の資金を集める方法としてリバースモーゲージに関心を向けています。
お金は一時金として手に入ったり、年金のように毎月一定額が振り込まれたりします。
この制度で課題とされるのが、日本人は長生きする人が多いことです。
長寿であること自体は悪いことではありませんが、長生きすればするほど多くのお金を貸すことになり、死亡後にお金を回収できない恐れがあります。
建物はそれほど価値がないため、担保の価値を判断する時は土地を評価しています。
申し込んだ時の年齢や担保の価値などを総合的に判断して、貸すことのできる金額や年月を決めています。
予定よりも長生きすると、それ以降は融資しないという方針なので、高齢者の老後を守る制度とは言えないデメリットもあります。